協会沿革(1961年~2021年)

1961年(昭和36年)
・浦安町体育協会創立(加盟5団体:野球・卓球・柔道・軟式テニス・バレーボール)、東葛飾郡体育協会に加盟
・初代会長:宇田川国治氏就任

1964年(昭和39年)
・剣道連盟加盟

1968年(昭和43年)
・水泳クラブ、相撲クラブ加盟

1970年(昭和45年)
・相撲クラブ休止

1971年(昭和46年)
・バドミントンクラブ加盟
・二代目会長:岡崎進氏就任

1974年(昭和49年)
・空手クラブ加盟

1977年(昭和52年)
・三代目会長:宇田川喜作氏就任

1981年(昭和56年)
・市制施行に伴い、浦安市体育協会と名称変更

1982年(昭和57年)
・テニス協会、サッカー協会、ソフトボール協会が加盟

1983年(昭和58年)
・東葛飾郡体育協会より独立し、千葉県体育協会へ単独加盟
・陸上競技協会加盟

1985年(昭和60年)
・ゴルフ協会加盟
・四代目会長:岡本孝夫氏就任

1988年(昭和63年)
・ラグビーフットボール協会加盟

1991年(平成 3年)
・少林寺拳法連盟、合気道連盟加盟

1993年(平成 5年)
・ボウリング協会、アーチェリー協会、スキー連盟加盟
・五代目会長:野崎実氏就任

1996年(平成 8年)
・USC浦安:全日本クラブ男子ソフトボール選手権大会・全国優勝(~10年迄3連覇)

1997年(平成 9年)
・ボウリング協会脱退、バスケットボール協会加盟

1999年(平成11年)
・千葉県民体育大会:総合第9位   *.出場競技少ない中大健闘
・浦安市体育協会会員が1万人突破

2000年(平成12年)
・弓道連盟加盟
・浦安市体育協会機関紙(体協だより)発刊

2001年(平成13年)
・浦安市体育協会創立40周年(記念式典・祝賀会:東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート)
・小中学校体育連盟加盟
・会員数2万人突破

2002年(平成14年)
・カヌー協会加盟(加盟団体=23団体)
・野崎実氏  :文部科学大臣体育功労賞受賞
・大塚正治氏:千葉県体育協会功労賞受賞

2003年(平成15年)
・岩田照夫氏:千葉県体育協会功労賞受賞

2004年(平成16年)
・林田昭紀氏:千葉県体育協会功労賞受賞
・千葉県民体育大会:総合第10位

2005年(平成17年)
・大塚常徳氏:千葉県体育協会功労賞受賞
・長田繁洋氏:第4回世界ジュニア&カデット空手道選手権大会  優勝
       (75Kg級、男子個人組手/男子団体組手)"

2006年(平成18年)
・高津和夫氏:千葉県体育協会功労賞受賞
・千葉県民体育大会:総合第11位

2007年(平成19年)
・及川政之氏:千葉県体育協会功労賞受賞
・長田繁洋氏:第5回世界ジュニア&カデット空手道選手権大会  優勝
        (75Kg級、男子個人組手/男子団体組手)"

2008年(平成20年)
・鈴木勝氏  :千葉県体育協会功労賞受賞

2009年(平成21年)
・小松慶典氏:千葉県体育協会功労賞受賞
・榎本優子氏:第64回国民体育大会(陸上競技/女子棒高跳)    優勝

2010年(平成22年)
・第65回国民体育大会開催(浦安市開催競技:空手道競技)
・影山猛氏  :千葉県体育協会功労賞受賞
・浦安市「生涯スポーツ健康都市」宣言

2011年(平成23年)
・春季浦安市民体育大会は、3月11日に発生した東日本大震災の影響により、全競技の開催を中止
・浦安市体育協会創立50周年(記念式典・祝賀会:東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート)
・森田光雄氏:千葉県体育協会功労賞受賞
・千葉県民体育大会:総合第11位

2012年(平成24年)
・萩原明博氏、沓掛井一夫氏、中嶋正憲氏:千葉県体育協会功労賞受賞
・千葉県民体育大会:総合第10位

2013年(平成25年)
・福元明彦氏:千葉県体育協会功労賞受賞
・千葉県民体育大会:総合第8位    *.過去最高順位

2014年(平成26年)
・佐藤健治氏:千葉県体育協会功労賞受賞
・千葉県民体育大会:総合第11位

2015年(平成27年)
・長浜好二氏:千葉県体育協会功労賞受賞
・千葉県民体育大会:総合第9位
・浦安市運動公園陸上競技場オープン

2016年(平成28年)
・バウンドテニス協会加盟(加盟団体=24団体)
・醍醐辰雄氏、平野敏則氏:千葉県体育協会功労賞受賞
・千葉県民体育大会:総合第8位   *.空手、カヌー、バスケットボール競技連覇
・運動公園アーチェリー場オープン

2017年(平成29年)
・六代目会長:福元明彦氏就任
  (副会長:佐藤健治氏・和田芳明氏、理事長:松木新氏)
・運動公園野球場オープン(4月1日ロッテVS巨人2軍戦オープニングゲーム)
・平成29年度体協表彰:功労賞(13人)、優秀賞(43個人・チーム)、感謝状(2名)
・松木新氏:千葉県体育協会功労賞受賞
・浦安市卓球連盟:文部科学省・生涯スポーツ優良団体受賞
・宇田川勉氏(元当協会副会長):浦安市民功労賞受賞
・湯目俊明氏、浦安市バウンドテニス協会:浦安市教育功労者受賞
・浦安市テニス協会:千葉県体育.スポーツ功労者受賞
・障がい者スポーツの取り組み開始(障がい者スポーツ運営委員会新設)
・加盟団体・団体長交流会新規開催(年次恒例事業化)
・車いすバスケットボール英国代表との事前キャンプ合意
・千葉県民体育大会:総合第10位   *.バスケットボール競技女子優勝

2018年(平成30年)
・平成30年度体協表彰:功労賞(12人)、優秀賞(33個人・チーム)
・義捐金募集活動実施(西日本豪雨災害、大阪府北部大規模震災)
・和田芳明氏:千葉県体育協会功労賞受賞
・浦安市柔道協会:文部科学省・生涯スポーツ優良団体受賞
・福元明彦氏、サッカー協会:千葉県体育.スポーツ功労者・優秀団体賞受賞
・障がい者スポーツ教室4回開催(サッカー、陸上、卓球、サッカー)
・青少年スポーツ推進の取り組み開始(青少年スポーツ推進委員会新設)
・千葉県民体育大会:総合第8位   *.バスケットボール競技女子優勝(4連覇)

2019年(平成31年)
・2019年度体協表彰:功労賞(10人)、優秀賞(55個人・チーム)
・役員改選(再任)  会長:福元明彦氏、副会長:佐藤健治氏・和田芳明氏、理事長:松木新氏)

2019年(令和 1年)
・5月1日付:元号が令和に
・6月1日付:浦安市体育協会の名称変更・・・>浦安市スポーツ協会
・義捐金募集活動実施(台風15号・19号被災者)
・障がい者スポーツ教室4回開催(卓球、ラグビー、陸上、剣道(コロナ感染症で中止)
・青少年スポーツ教室2回開催(NTTラグビー(台風で中止)、楽しいラグビー体験会)
・鳥居和男氏:千葉県スポーツ協会功労賞受賞
・和田芳明氏、ソフトボール協会:千葉県体育.スポーツ功労者・優秀団体賞受賞
・千葉県民体育大会:総合第9位*.バスケットボール競技女子優勝(5連覇)*.ヨット優勝
・スポーツ協会と軽スポーツ協会の統合、スポーツ協会の法人化に着手

2020年(令和 2年)
・新型コロナウィルス感染症の拡大により、
①2019年度第6回理事会(3/4)は書類審査で対応
②2020年度評議委員会(4/18)は書類審査で対応、同日の表彰式は賞状・記念品の発送で対応
・スポーツ協会と軽スポーツ協会の統合、スポーツ協会の法人化準備委員会設置
・4月18日付:水泳連盟脱退
・緒方雄介氏:千葉県スポーツ協会功労賞受賞
・新型コロナウィルス感染症の拡大により下記大会開催中止
①春季市民大会全競技開催中止
 *.秋季市民大会は、三蜜にならない競技につきコロナ対策を万全にして開催
②千葉県民体育大会開催中止

2021年(令和 3年)
・2021年度評議員会(4/24、浦安市民プラザWave101)に於いて、
①2020年度事業報告・決算報告、2021年度事業計画・予算書・役員改選
②浦安市軽スポーツ協会との統合
③浦安市スポーツ協会の一般社団法人化、が協議・承認された
・浦安市スポーツ協会創立60周年記念式典:11/13(土)予定⇦延期
・新型コロナウィルス感染症の拡大により下記大会開催中止
①春季市民大会・テニス競技他8競技
②秋季市民大会・野球競技他10競技
・2021年5月10日:一般社団法人の設立
・2021年度社員総会(5/12、浦安市民プラザWave101)開催
・福元明彦会長:8/18(水)東京2020パラリンピック採火式出席
・齋藤晴一氏:千葉県スポーツ協会功労賞受賞
・松木新氏:千葉県社会教育委員連絡協議会から社会教育推進の表彰受賞
・福元明彦会長:文部科学大臣より「生涯スポーツ功労者」受章
・松木新氏:自己都合で常務理事退任、 泉澤弥生氏:常務理事に就任